シエラレオネで400km日帰りドライブ

遊ぶ

アフリカで体験した中でお勧めなのがドライブ。特に車に乗るのではなく、車を運転する行為が格別に気持ちいいです。都市部を離れると草原や地平線を見渡せるハイウェイであったり、絶景の中のドライブとなります。写真に撮りたくてもあまりにも雄大すぎる景色に撮ることができないと感じます。

今回はそんなドライブをお勧めする中でも、フリータウンから日帰りで行ける400kmコースをご紹介します。ドライブ好きでたまらないと言う方には、10時間コースのケネマ行きをお勧めします。

>>シエラレオネ日帰り10時間ドライブコース

 

シエラレオネ日帰りドライブコース

今回のコースは以下の通りです。

1.フリータウン

2.ウォータールー

3.マシアカ

4.ロベレジャンクション

5.ルンサー

6.マケニ

こう書くだけでほぼ迷うことがないコースです。なぜならこれらの場所を結ぶ道は一本しかないからです。googleマップとネットにつなげれる環境ををご用意しておいて下さい。

ただ、一回行けば二回目は地図なしで行けるくらいに簡単なルートです。

シエラレオネ日帰りドライブ

8時発で、大体時間通り出発したは良いけど、雨。

この日は私が先発の運転。昼から眠たくなるので午前中貢献しといたほうが良いかなと。

そして、この時間帯は通勤時間。スパーロードとウィルキンソンロードが頻繁に封鎖される。理由は大統領が出勤するからとか。何しか政府要人が出かけるから関係する道沿いのすべての車が止められる。こういう時なんかええもん売りに来てくれんかなぁと思うけど、こう言う時ほどいい売り子が来ない。

ウォータールー超えて、リンバコーナーに到着。そこのチェックポイント、つまりポリスオフィサーがチェックしてくる地点で、同行者が3-4Lポヨを買い込む。ポヨですか?ヤシの木からとられた酒です。飲んでも良いんですけど、使っている水が汚染されているかもしれませんので、飲んで腸チフスとかなっても私は責任負えません~~

ここまで一時間半くらいかな。政府高官の交通ストップと雨で出足が遅れた。特に問題はない。

フリータウンからマケニまでの道の難所

一番最初がオクラヒル。これはマケニ行きだけではなく、ボーに行くときも通る。フリータウンから出ていくときに最初に通る山道。

あまりにも事故が多く、滑って崖から落ちる事件が多発したらしく、オクラがネバネバして滑るがごとく滑っていくのでオクラヒル。

今は中国企業がせっせと道を作ってくれているので走りやすい道です。オクラヒルを抜けたところで見える景色はめちゃキレイですが、写真には収まり切れません。是非実物を見てください。

 

Masiaka(マシャカ)のジャンクションからポートロコ方面に向かって北上していきます。

途中事故が多いのがロケール川の橋。

高速でカーブをクリアしていったところに突然現れるのでブレーキが間に合わず川に車転落と言う事故が毎日のように起こっていたらしい。

ここにかかる橋が一台しか車が入れない。それで、どちらかが侵入したら反対方向の車は橋の手前で待機しておく必要あり。

ワニくらいは余裕でいるやろなと言う川です。

 

ベレジャンクション

ROGBEREって地名だけど、実はこれどの民族によってで言い方が違うらしいです。ティムニ族はここの地をロベレって呼ぶので地図上はROGBEREらしいです。メンデとティムニは地名の頭にRoを入れる習慣があるようで、他の民族はここをベレジャンクションと言う。

ここで、ポートロコ行きかルンサー方面かに分岐する。

ここからルンサー経由でマケニまで1時間。ここからが気持ちいいドライブのできる平たんな道の始まり。良いドライブコースです。

ただ、このあたりになるとちょっと車止めると様々な売り子が走ってきて車に向かってなんか買えと叫びまくってくる。笑顔でスルーやね。

 

ドライブ時の景色

まっすぐな道とだだっ広い土地。

どこまでもこれ

マケニへようこそ~~

マケニについて

前政権の大統領の故郷の町だったらしく、やたらと道路がきれいだし、街灯がある。

人もそんなに多くないので、なんというか、町全体の雰囲気がいい。

これは自分のフィーリングなので言語化が難しいけど、この町は良いなと思う。

前政権下では24時間電気がある街と言う噂だったとか。

 

現行政権の大統領の故郷はボーなのでマケニへの恩恵は少なくなっているのかな?

そのあたりの調査はできていない。

 

マケニまでの所要時間は3時間くらい。フリータウン近辺をどれだけ早く抜けれるかで時間が変わります。

 

シエラレオネ400km日帰りドライブまとめ

書いてみて思うのが、イマイチ写真が少ないからドライブの良さが伝わらない。

いっそのこと次は動画を撮影してみるかな。

帰りに野菜や果物を買って帰ったのでかなり帰りはゆっくりとなりました。

物売り軍団に囲まれたw

 

まとまってないけどまとめでした~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました